新年のご挨拶

新年、あけましておめでとうございます。
2020年の幕開け、皆様いかがお過ごしでしょうか。
昨日から仕事はじめという方も多いのではないかと思います。

NPO法人MamaCanは、お陰様で今年の4月で6期目を迎えます。
この6年間で、母親を取り巻く環境は大きく変わりました。
女性の社会進出が叫ばれ、労働者として母親も社会に出ていく必要性に迫られています。

一方で働き方改革も進み、仕事だけではなく家族や趣味の時間などプライベートの時間の確保に理解は進んでいますが、男性の社会的負担はまだまだ大きいこともあり、家事育児における女性の負担はなかなか軽減されません。

日本も男女共同参画社会(男性も女性も意欲に応じて、あらゆる分野で活躍できる社会)の実現に向けて本腰を入れていかなければ、少子化は解消されず私たちの子ども達が重荷を背負ってしまうことになりそうですね。

団体として母として自分たちにできることは小さなことの積み重ねですが、私たちの活動によって少しでも養育者の笑顔につながる環境を作ることが出来たら、こんなに嬉しいことはありません。

昨日年始の御祈祷を済ませ、MamaCanは本日より2020年の活動をスタート致します。

皆様のご協力を頂きながら、今年も母親支援にスタッフ一同邁進してまいりたいと思います。

家事、育児、趣味、仕事…バランスはひとそれぞれ。正解はありません。
自分らしいバランスを見定めて、生き生きと前を向いて進む母親の背中を子ども達はいつもみています。

今年は東京オリンピックの年でもあり、育児をしながらオリンピック出場を狙うアスリートの皆さんも多いはず。
そんな姿にもパワーをもらい、2020年という節目の年を思い切り楽しみましょう!

皆様にとって幸多き年となりますよう、スタッフ一同心よりお祈り申し上げます。

本年もNPO法人MamaCanを、何卒宜しくお願い致します。

NPO法人MamaCan 理事長 山田美和