末子の運動会が終わってホッ、次は長女の修学旅行の準備。
「母に休みなし」とぼやきながらも、楽しんでいる理事の田中です。

数年前、生協のカタログに出ていた「おこだでませんように」という絵本。
タイトルが気になり購入しました。

学校でも家でもおこられてばかりいる小1の「ぼく」が七夕の願い事に書いたのは、覚えたてのひらがなで書いた「おこだでませんように」の短冊。
短冊を見た先生とお母さんは、「ぼく」の気持ちに気づくのですが…。

これはもう、涙なしでは読めません!!
なぜなら、頭ごなしでわが子を怒っていた頃を思い出すからです。

当時の私はイライラが募り、カッとなった自分を抑えるため

① 冷蔵庫の冷気を浴びる
② 別室に行き落ち着く
③ ゆっくり息を吐く

ママなら一度は経験ありかな??
感情のコントロールに有効と聞いたこと何でも試していました。

胸がチクッと痛む笑い話ですが、そんな経験もあり、今はママ支援団体で活動しています。

MamaCanでは、ママがホッとできる場所を提供しています。

3歳までの親子「らっこるーむ」@古民家ホームシェアco-no-mi
毎週火曜日 10時~13時半 参加費100円(フリードリンク付き)

「Co-no-miおしゃべり会」
参加費 300円~500円(フリードリンク・お茶菓子付き)

毎回テーマを決めて、お話します(^^)

6月は「絵本」をテーマに準備中♪
思い出の、お気に入りの絵本を持ち寄って、お話しましょう~。

私はもちろん!?
「おこだでませんように」の「ぼく」の気持ちを熱く語っちゃいそうです(笑)