4月初旬、横浜市戸塚区のこまちCaféさんを訪問♪
メンバーは、代表の山田・野村・田中(私)、古民家ホームシェアco-no-miでC-Questを主宰する阿部さんです。

写真は、そのときのもの。
偶然にも共通していた頭文字の「C」
同じポーズをとるだけで、グッと距離が縮まりました(^^)

こまちCaféを運営するこまちプラスさんは「孤育てのない社会を」を理念に活動されている特定非営利法人です。
一方、MamaCanが他団体とシェアをし、運営している古民家ホームシェアco-no-miは「個育て」を応援する活動拠点。

ご縁がつながったのは、昨年夏のこと。

こまちプラスさんによる「co-no-miコーディネーター研修」を受けることになったからです。

お話をいただいた当初は、自分には荷が重いのではないか、通常業務に加え研修にさく時間があるのか、弱気な部分がストッパーとなり受講すべきかとても迷いました(^-^;

でも、受けてよかった!!

地域は違えど、同じ想いで活動している他団体の話を聞くうちに「もっとチャレンジしたい」「こうしたらもっとうまくいく!?」など新たな気づきが。
自分ひとりで仕事に向き合っていたら日々の業務に追われ、大事なことが置いてけぼりになるところでした。

研修内容は、【場づくり力・ファシリテーション力】を学べるもので、多くのことを教わり、行動にうつすことができました。

当時、ままラボ=野村、co-no-mi=田中だったこともあり…。
一緒に受講した野村とは仕事への想いを共有できたことも大きな収穫でした。

研修が進むに連れ、自分の良さ・弱点にも向き合うことができ、理事会や運営MTGでも自信をもって意見が言えるようになりました。
(これは私の人生の中で、すごく大きなことでした!!笑)

多くのものを吸収したco-no-mi担当の1年でしたが、4月より新たな道を進みはじめました。

理事として今後も運営には携わりますが、現場を離れることに寂しさはあります。
でも、自分で決めたスタート☆
前進あるのみです(^^)

♡2018年度のスタートが、みなさまにとってよいものとなりますように♡